So-net無料ブログ作成
So-net無料ブログ作成
So-net無料ブログ作成
So-net無料ブログ作成

喜田さん夫妻が殺害!犯人は誰?小豆島はどういった島? [事件]

香川県小豆島(しょうどしま)で殺人と思われる事件がありました。

犯人は誰なんでしょうか?

また、小豆島はどういった島なのでしょうか?

事件を振り返ってみましょう。


30日午後7時10分頃、香川県土庄とのしょう町(小豆島しょうどしま)の事務所兼民家で、この家に住む水道工事業喜田春夫さん(65)の妻、加代子さん(63)が倒れているのを、訪ねてきた知人が見つけて通報した。



駆けつけた県警小豆署員が、春夫さんも倒れているのを発見したが、2人ともすでに死亡していたらしく

2人は血を流しており、県警は殺人事件の可能性があるとみて捜査を始めたようです。

事件の発見は喜田さん夫婦が職場に来ないので、従業員が心配して、住宅になっている2階を見に行ったと言います。

すると、

春夫さんはこたつで

加代子さんはベッドの上で、

頭から血を流した状態だったといいます。

会社の経営者夫妻の殺人になりますね。

詳しい詳細は分かりませんが、会社経営者にありがちな

金銭トラブル

の可能性もあるのではないでしょうか。

現段階では殺害された喜田さん夫妻の人柄などは分かりませんが、
人に恨みを買うような人柄だった場合、

人間関係のトラブルでの殺害の可能性も出てきます。

一刻も早く、犯人が捕まることを期待しましょう。

小豆島とは?



小豆島とは、瀬戸内海・播磨灘にある島。

行政区分は香川県小豆郡に属し、小豆島町、土庄町の2町からなり、

人口は約30,000人(2013年度推計)。

古代には「あずきしま」と呼ばれ、その後中世までは「しょうずしま」と呼ばれた。

素麺、醤油、佃煮、胡麻油、オリーブなどの生産が盛んであり、
いずれも日本有数の生産地となっている。

特にオリーブは国内栽培の発祥地として広く知られる。

また、小説『二十四の瞳』の作者壺井栄の故郷としても知られ、
島をロケ地として、同小説はこれまで二度映画化もされました。

瀬戸内海では淡路島に次いで2番目の面積で、
日本の島においては19番目の大きさです。

横に向いた牛が西を見ているような特徴的な形で海岸線は変化に富み、
多数の半島と入江がある島です。

南側には池田湾、内海湾がある。

温暖な瀬戸内海式気候を活かし、オリーブやミカン、スモモなどの栽培が行なわれています。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

So-net無料ブログ作成
So-net無料ブログ作成
So-net無料ブログ作成

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。